青汁はとても良い飲み物です

最近では、野菜が嫌いな子どもが多いようです。

その理由としては、家庭でもあまり野菜を使った料理をしない、野菜を取らないためのようです。

どうして野菜を取らないかと言うと、親世代が野菜をほとんど食べずに育ったことや、共働きの家庭が増えて、母親が時間に追われて、食事も簡便なものを多用しがちになっていることなども挙げられます。

このようなことから、野菜が嫌だと言う子どもが多くなってきているようです。

しかし、野菜が不足すれば、身体にも様々な影響があります。

images (2)

例えば、野菜に含まれるビタミンは、他の栄養素が身体に作用するのを助けますが、野菜が不足することにより、ビタミン不足となり、栄養が偏ってしまう場合もあるのです。

栄養が偏ると、貧血や肥満などの原因にもなり、進行すれば、生活習慣病である、糖尿病や心筋梗塞などの要因となります。

糖尿病は特に注意が必要であり、一度掛ると完治が難しく、一生つきあっていくことになります。

糖尿病には合併症があり、進行すれば、失明や手足の壊疽、腎臓機能の低下などの症状も現れます。

そうなった時には、日常生活にも大きな支障が出てきますので、日頃からしっかりと野菜を補うことが大事です。

けれど、母親だけに負担を強いるのも、あまり良くありません。

父親も積極的に家事や育児に参加して、簡単な食事ぐらいは作れるようにしておいたほうが良いかも知れません。

また、食事でも、温野菜などは、レンジで温めるだけで作れますので、手軽に野菜を取ることが出来ます。

それでも面倒だと言う人には、すぐに飲める青汁がおすすめです。

aojiru

青汁には、野菜の他にも、野草や果物などの成分が含まれているものが多くあり、沢山の栄養を取ることが出来ます

ほとんどのものは、お湯や牛乳に溶かして飲むだけで良いので、簡単に野菜を補うことが出来ます。

忙しい時でも、持ち運びが出来るスティックタイプもありますので、どこにいても飲むことが出来ます。

青汁は、飲むだけではなく、ヨーグルトなどに掛けても美味しく食べることが出来ますので、野菜不足が気になる子どものおやつにしても良いですね。

90C28F6081Q8388815B83O838B83g

また、青汁を飲んでいると、健康に良いだけではなく、不妊症などの改善にも良いとも言われています。

近頃の不妊症の原因としては、子宮環境の悪化などがあります。

野菜を取らないことで、老廃物が身体に蓄積され、血流が滞り、そのために排卵が正常に行われなかったり、子宮内膜が厚くならず、着床しにくくなったりする場合もあります。

そのため、不妊治療に玄米菜食を取り入れる人もいます。

青汁を毎日飲むことで、身体の老廃物も排出され、体温も上昇しますので、子宮にも良い効果をもたらします。

Reader Interactions

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>